不妊症

私は1978年から手技療法を学び40年以上の臨床経験があり、湘南カイロを1988年に茅ヶ崎市に開院し、これまでたくさんの不妊症の患者さんを施術してきました。

不妊症でお困りの方へ
当院の不妊症の治療方針について書きましたので、お読み下さい。

不妊症とは?

生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、
避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、
妊娠の成立をみない場合を不妊といいます。

その一定期間については1年というのが一般的です。
なお、妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない、とされています。
 [© 公益社団法人 日本産科婦人科学会]

妊娠が成立するためには、卵子と精子が出会い受精して着床するまで、
多くの条件がそろう必要が有ります。
そのため、不妊症の原因は多くの因子が重複しています。

検査をしてもどこにも明らかな不妊の原因が見つからない
原因不明のものもあります。
ここでは、一般的な女性・男性それぞれで認められる
不妊の原因をご紹介します。

 

不妊症の原因はなに?

女性の不妊症の原因には、多くの原因があり
女性側・男性側・男女双方・原因不明に分けられます。

この4つの中で割合が最も多いのは、
原因が女性のみ(41%)
男性のみ(24%)
男女双方(24%)
原因不明(11%) 
となっております。   
(世界保険機関(WHO)の統計)

●女性側の問題は、
・排卵因子(排卵障害・生理不順)、
・卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)、
・子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、先天奇形)、
・頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)、
・ホルモン異常などがあります。

このうち排卵因子、卵管因子に男性不因子を加えた3つは頻度が高く、
不妊症の3大原因と言われています

●男性の不妊症の原因は、
・精子に問題がある(造精機能障害)
・精子が排出できない(精路通過障害)
・ED、膣内で射精出来ない(精機能障害)

上記の3つが主に男性不妊の原因になります。

 

不妊症の一般的な治療方法

クリニックでの治療法では、

・タイミング法
・排卵誘発法
・人工授精
・体外受精
・顕微授精

と順番にステップアップして行われることが多いと思います。

なかなか妊娠まで至らず
クリニックを変えて不妊治療を何度も何度も受けている方も多いと
患者さんからも聞きます。
「もう私は無理なのかな」とあきらめようとしている方、
精神的にも辛くなってきますよね…

今まで
「結果が出ない」
「原因不明といわれた」
「年だから」
とあきらめている方、
ほかにも妊娠させやすい治療法があります!!

 

当院の治療の考え方と施術方法

当院の不妊症・流産防止のアプローチについて説明します。

大きく分けると
卵巣・子宮・睾丸・精子を運ぶ菅などの問題が原因です。

先天的な異常でない限り、後天性の原因です。
後天性という事は、元は正常に機能していたということになります。
なら、元の正常な状態に戻るようにするには?

これらの臓器を働かせているのは神経です。
脳が正常に機能しているのであれば、
神経が臓器に行くまでの間に原因があります。

女性生殖器も男性生殖器も神経は腰椎と骨盤から出ています。
そこが歪むことにより神経の働きが悪くなり、
生理不順や卵管、子宮などの炎症、
卵子・精子の生産低下などが起こり
正常な機能ができなくなったり、炎症などの回復力が低下します。

骨盤と腰椎の調整が妊娠の鍵を握っています。

過去、不妊で受診された方のほとんどは、妊娠・出産されています。
数ヶ月かけて、身体の歪みを調整して神経の働きを回復させていけば、
妊娠可能な状態に戻ると思います。
年齢的なリスクが影響しますので、
出来にくいと思ったら早めに来院されることをお勧めします。

流産も同じ事で、元気のない受精卵や卵子が出来たり、
着床しても子宮の機能が低下して流産を起こしてしまいます。
初期流産は赤ちゃんに原因がある場合がほとんどです。
赤ちゃんは与えられた命を生ききっています。

流産をすると、自分の不注意だったと
自分を責めてしまう人も多いと思いますが、
妊娠初期の流産のほとんどは、
受精の時点ですでに運命が決まっています。

いくら母親が注意していても、流産を避けることはできません。
つまり、赤ちゃんは途中でだめになったのではなく、
与えられた時間を全うし、生ききったということになります。

流産は全妊娠の10〜15%と高い確率で起きています。
自然淘汰と捉えるむきもありますが、
短い命であっても、その子があなたたちのところへ来てくれたことは、
何らかの意味があると考えるほうが、受けとめやすいかもしれません。

骨盤と腰椎の調整をする事で、
神経機能を100%働けるようにして、
元気な卵子・精子を作り、母体の健康状態を確保しましょう。

 

 

投稿日:2017年5月30日 更新日:

営業時間 00:00〜00:00
電話番号 000-000-0000
住所 〒000-0000 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
URL www.wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww.com
住所 神奈川県茅ヶ崎市緑が浜7-57
電話番号 0467-87-5080
アクセス 辻堂駅からバスで7分
営業時間 月火木 / 9:00〜18:00
水・金 / 9:00〜12:00
土曜日/ 9:00〜12:00
定休日 日祝祭日

<完全予約制 初診1日先着2名まで>

営業日カレンダー

« 2022年8月»
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
« 2022年9月»
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
  • 休日

ブログ更新情報